精神疾患を治療しよう【うつ病と診断されたら】

精神疾患を治療しよう【うつ病と診断されたら】

初診再診の費用相場

ウーマン

1回にかかる総額は

うつ病の診断は精神科や神経科で受けられますが、身体になんらかの不調がある場合には心療内科にかかる場合もあります。一般的な内科から紹介される場合もありますが、初めて行く場合にはやはり費用が気になりますよね。うつ病の場合一人ひとり状況が異なるので、医師が丁寧に診断をした後治療方針を決めることになりますので、まだ診てもらう前に費用を算出するのはちょっと難しいかもしれませんね。一概に言えないのは事実ですが、平均的な相場としては、初診の総額が3,000〜6,000円くらい、再診の総額が2,000〜3,000円くらいになるのが一般的なようです。ただ、時間外や早朝、夜間などに受診すると割増料金になるので、急を要さないのであれば余裕をもって受診したいですね。初診時には初診料が発生するために、割高になるのが一般的で、その後は診察代、検査代、処方代、薬代などが主な内訳になります。ちなみに、うつ病に限らず精神科や心療内科の診察の場合、一般的な診察代の他に通院精神療法という料金がプラスされます。検査代は、通常の健康診断などで行われるのと同様な心電図検査や尿検査、血液検査などの他、心理検査なども行われます。最初にうつ病かどうか診断する際、総合病院などでは他に病気が進行していないか検査するために、CTスキャンやMRI検査を行う場合もあり、そうした費用が別途かかる場合もあるので、そこは頭に入れておきましょう。検査代は必要な時に必要な検査が行われるのに伴って発生しますので、通院時には発生しない場合もあります。処方代と薬代は投薬治療のために必要な費用で、どんな薬をどれくらい処方するかによって変動します。ちなみに、たくさん薬を処方すると処方料は逆に下がる仕組みになっていますので、無闇に薬が処方されるようなことにはなりませんから安心して下さい。薬は薬局で用意されるので、調剤料、薬剤料、処方箋料が発生します。薬自体の価格にも左右されますし、何日分処方するかによっても費用は変わるので、ここはケースバイケースと言えるでしょう。うつ病の度合いによっては自立支援医療制度の対象となり、認定された場合には保険診療の割合が1割に軽減されます。

婦人

症状を問診票に詳しく記入

うつ病は心の病気であるため、症状が捉えにくいです。身体的な不調から内科を受診してしまう人もしばしばです。治療がはじまってからも、普段から自分の症状についてメモを取っておけば、診断時に詳しく説明することができます。

聴診器

検査機器を指標にして選ぶ

うつ病が疑われる場合は、心療内科や精神科を受診し、的確な診断を下してもらって治療に入らなければなりません。現在は光トポグラフィーという精度の高い検査機器の導入が進んでいるので、この検査機器を指標に施設選びをすると良いでしょう。

カウンセリング

治療への第一歩

精神科や心療内科でうつ病の診断を受けることは、適切な治療への第一歩になります。うつ病の診断書があれば傷病給付金や雇用保険をスムーズに受け取ることができ、自立支援医療制度を利用できるなどのメリットがあります。

男性

症状から解決策を探す

うつ病にはうつ病(大うつ病性障害)と双極性障害の二種類があります。それぞれ共通する点もありますが、治療法が異なります。まずは精神科や心療内科を受診し、どちらなのか専門医に正確に診断してもらう必要があります。

看護師

多くの判断基準があります

うつ病とはストレスなどが原因で起こる精神疾患のことを言い、様々な症状が出てきます。対策方法として診療所などで診断を受けることが挙げられ、質問にはなるべく正確に答えることが重要と言われています。早めに状態に気付き、予防をすることが重要です。