精神疾患を治療しよう【うつ病と診断されたら】

  1. ホーム
  2. 検査機器を指標にして選ぶ

検査機器を指標にして選ぶ

聴診器

的確に病状を見極める

うつ病といっても症状は三者三様で、精神的な落ち込みに加えて、頭痛や耳鳴りなど体の不調が顕著に現れる方もいます。また、統合失調症や適応障害など、うつ病に似た症状を持つ精神疾患は複数存在しており、個人の判断で病名を特定するのは非常に困難です。うつ病は疾患であり、専門の医療機関で治療を受ければ回復させることが可能な病気です。精神科や心療内科を受診し、的確な診断を受けて治療を始めましょう。医療機関での精神的ケアが一般化した現在、心療内科や精神科は全国に多数存在しています。そういった状況の中では、どこの施設を受診すれば良いのか判断がつかないこともあるでしょう。殊に精神的に疲弊している状況の中、的確な判断を下すのは大変な労力を必要とします。うつ病が疑われる状況で医療機関を探す際には、一定の指標を持って施設選びを行うことがおすすめです。まず、心療内科や精神科で治療を受ける際には、病状の診断を確実に下してもらわなければなりません。症状に対して適切でない治療を受けてしまっては、十分な回復は望めません。的確に病状を診断してもらうためには、客観的な見地から診察してもらう必要があります。診療内科および精神科では、光トポグラフィーという検査機器の導入が進んでいます。この検査機器は脳の血流状態を調べることができ、うつ病、躁うつ病、統合失調症などの病状を見極めることを可能としています。この光トポグラフィー検査では、専用のヘッドセットを頭に装着し、簡単な質問に答えながら脳の血流の変化を確認していきます。非常に精度の高い検査法で、客観的に病状の診断を下すことができます。うつ病が疑われる状況にあり、専門の医療機関を探しているなら、この光トポグラフィー検査が受けられる施設を選択すると良いでしょう。適切な治療のためには、第一に正確な診断がなくては始まりません。特に、心療内科や精神科の受診が初めての方がスムーズに治療を受けていくためには、施設とのファーストコンタクトが大変重要になります。まずは検査機器が充実している医療機関で、信頼のおける診断を下してもらうことをおすすめします。